bandicam 2018-05-10 15-33-35-273

ダイエットをする場合にどうしてもカロリーだけに集中しがちですが、一日の塩分量って考えているでしょうか?

何かと健康に悪影響を及ぼす塩分の摂りすぎですが、実はダイエットにも敵となってくるのです!

よくリバウンドしちゃったという声も聞きますが、もしかしたら塩分の摂りすぎが原因かもしれませんよ・・・



スポンサーリンク

食べる量はセーブしているのに太っちゃう!

ダイエット中って食事の量もセーブしてきちんと実行していると思いがちですが、体重が減らない人もいますよね?原因がわからないのでイライラもしてきますしやる気も半減です。

運動を増やして食事の量を更に減らしてと、痩せる為の努力って本当に大変・・・

一体何が悪くて痩せないのか迷ったら食事の塩分量を確認するようにしましょう!


塩分過多の落とし穴

私たちの普段の食事ですが、かなりの塩分を含んだものが多くなっている現状です。食事でもお味噌汁や漬物・料理の味付けに醤油や味噌とありとあらゆる所で塩分が出てきます。

スナック菓子にも多く含まれていますしカップ麺などを食べる機会があればそれこそ要注意!一日の塩分量を大きく上回ってしまう危険性が出てきます。

私の身の回りには塩分過多となってしまうものだらけで、日頃の塩分に対する関心が薄くなっているとも言えるのです。

それではこの塩分ですが、何が身体に悪いのか・ダイエットの妨げとなるのかを見ていくことにしましょう!


塩分を体内に多く摂りいれられるとこうなる!

塩辛いものを食べるとどうしても喉が渇いてしまいますが、普段の塩分過多の生活に慣れてしまうとそれほど喉の渇きは感じなくなります。まず、ここが一番の落とし穴!

自分でも知らないうちに余計な水分を溜めこんでしまう身体になっているのです。

これはどういう事かというと、塩分が体内に多く摂りいれられれば身体の塩分を薄めようとします。結果として体内に水分を多く溜めてしまい『むくみ』の原因にもなっています。

さらにこの『むくみ』ですが、身体の代謝が悪くなっているサインでもありますので要注意です!


夕方に脚がむくんでパンパンになっていませんか?

代謝が悪くなってくると身体中の老廃物を吐き出せない状態となっていきますので、夕方に脚がむくんできたら塩分に注意するようにして下さい。まずは身体の代謝を良くすることと、食事で摂りいれる塩分量を控えるという事が大切です。

また、この代謝の悪い状態では『むくみ』だけではなく脂肪も溜めこんでしまいます。

せっかくダイエットをしても痩せない理由は塩分の摂りすぎという事も十分に考えられるのです。

心機一転ダイエットをしようと思ってる人は、一日の塩分量を確認することが成功への近道でもありますので忘れないようにして下さいね。

今日のまとめ

味が濃いものって食欲が増しますよね~

ご飯も美味しくてつい食べ過ぎちゃうなんてこともあります。美味しく食事を頂くことは精神的にもとても良いのですが同時にカロリーオーバー・塩分過多を引き寄せやすいと思って下さい。

せっかくのダイエットも途中でやめてしまわないように『塩』の摂りすぎはダメですよ~


それでは次回にご紹介する記事となります。

まつ毛のキープって案外大変ですよね・・・

という事で、まつ毛のカールを長持ちさせる方法をご紹介します。

どうぞお楽しみに!

スポンサーリンク

LINEで新着記事を受け取る





TOPに戻る

ダイエットの記事を見る

メイクの記事を見る

美容と健康の記事を見る

facebook ウーマンビューティー



女子力アップランキング参加中です